重力とは何か

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

知的好奇心を大いに刺激してくれる良書。
誰もが一度は思いを馳せたことがあるだろう宇宙の不思議に対して、最先端の研究成果から得られている知見をわかりやすく解説している。
アインシュタイン相対性理論シュレディンガーの猫、ホーキング理論、ブラックホール超弦理論などなど、ワクワクするような科学の世界が次から次へと登場する。
現在、科学者は巨大加速器を用いて素粒子の姿に迫っている。
10億×10億×10億メートルのスケールの宇宙の謎をひもとく鍵が、(10億×10億)分の1メートルスケールの素粒子の振る舞いにあるという事実には、あらためて驚かされる。

世界を代表する素粒子論の専門家が「高校の同窓生に今日まで考えてきたことを語るつもりで書いた」という一冊。
宇宙の成り立ちや、宇宙の不思議について書かれた本を、これまでに何冊か読んだことがあるけれど、それらと一線を画す、画期的な書籍。

広告を非表示にする